かとう事務所が求める人物像(人間力のある人ってどんなひとなの?)

わたくしたちが仕事をする上で特に大切にしている価値観や思い、人間力について触れたいと思います。

あえてひとことで表すなら「恕(じょ)=思いやりの気持ち」の気持ちかな、と感じています。思いやりは目に見えないことが多いので、それをどう表現するのか、どう伝えるのか、また会いたい!一緒に働きたい!って思ってもらえるようなチカラそのものが「人間力」というものかな、と思っています。

「恕」のコトバの意味が分かる、小さな記事をお届けします。

子貢(しこう)は聞いた。
「先生、たった一語で、一生それを守っておれば間違いのない人生が送れる、そういう言葉がありますか」
孔子は、「それは、恕(じょ)かな(其恕可)」と答える。孔子が「恕なり(其恕也)」と断定せず、「恕か」と曖昧(あいまい)に答えたところに、なんとも味わい深い孔子の人柄を感じる、と平澤さんは述べておられる。自分がされたくないことは人にはしてはならない、それが恕だ、と孔子は説いた。つまりは思いやりということである。他を受け容れ、認め、許し、その気持を思いやる。自分のことと同じように人のことを考える。そのことこそ、人生で一番大切なことだと孔子は教えたのである。
孔子先生は、人生で一番大切なことは、「恕」ではないかな、と言った。色々大切なものがある中で、選んだすえの言葉だ。
思いやりがある人は、他人の立場に立つことできる人だ。他人の痛みや、苦しみ、喜びを自分のことのように感じることができる人。他人の立場に立つことができる人は、自己肯定ができる人だ。「私ってすごい」とか、「俺ってイケてる」と、いくら自分だけで思っても自己肯定にはならない。自己肯定とは…誰かの役に立っていると、思えること。自分は誰かに愛されている、と思えること。自分を大事に思ってくれる人がいること。自分を必要としてくれるところがあること。自己肯定は、他者からの肯定でもあるのだ。自己肯定ができなければ、人を受け入れることも、認めることも、許すこともできないし、人を思いやる余裕も持てない。人の役に立つこと、人の喜びのために懸命に働くことを続ければ、誰かに認められ、必要とされる人となる。それが、自己肯定への早道。人生で一番大切な、「思いやりの心」を育てたい。

引用:『小さな人生論 2』致知出版

以下の内容は職員のみなさんからの生のコトバです。

「気持ちとしては、NGについては標準内で、OKなことは高水準で、お願いします」、というコメントです。(笑)

いきなり否定的なものからご紹介しますね。笑

NG一緒に働きたくない!と感じる人=人間力がない、とはどんな人ですか?

  • コミュニケーション力がない人(どう伝えれば相手が理解しやすいか、行動できるかを考えて伝えるチカラ=発信力でしょうか)
  • 自分の仕事に責任感がない人、他責なひと
  • 必要以上に権利意識や被害意識が強い人
  • 使ったものをそのままにするようなだらしない人、個人のおしゃれであっても清潔感がない人
  • 仕事をしていればいろいろあります。様々な問題に対しての免疫、抵抗力のない人
  • 他者へ感謝の気持ちがない人
  • 知ったかぶりする人(そういうことですが~知ってましたけど・・・)
  • 人の悪口を言う人

OKぜひ一緒に働きたい!と感じる人=人間力がある、とはどんな人ですか?

  • お客様、仲間へ思いやりがある人
  • 人の意見を素直に聞ける(=人の意見を否定しない)人
  • まず自分自身で努力しようとする人
  • 自分の行動や言動を振り返ろうとする人、自責な人
  • 疑問や問題点をそのままにしない人
  • プライドが高くなく、謙虚に人と接することができる人(間違いを指摘されても素直に意見を聞ける)

いかがでしょうか。共感していただける部分がございましたか?
どれをとってもお仕事する上で大切なものばかりで、特別なスキルではないことがお分かりいただけたと思います。

わたくしたちはひとを思いやる気持ち=「人間力」を大切にする仲間とめぐり会いたいと願っています。

この他、わたくしたち事務所がチームとして大切に思って、行動していることをお伝えします。

  • ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)の重要性を理解し、日々実践すること
  • 勉強をして、常に自分自身を向上させる努力すること
    (士業は一生涯勉強の連続です。事務補助であっても、これは必須だと思います)
  • 知らない分野であっても「まず自分で調べて挑戦しよう!」と行動すること
  • 人に質問する前に自分で調べ、考えをまとめた上で人に質問すること
  • 分からないことは自ら書籍や所轄官庁に確認して、先輩と相談しながら仕事を進めること
  • 仕事は単に生活(オカネ)のためだけではない、生きがいとして考えること
  • 丁寧に文字を書くこと
  • 電話や対面で明るく、さわやかな対応すること
  • お客様、業者のみなさんに気持ち良い、「また会いたい」と思ってもらえるように対応すること
  • 相手の立場で分かりやすい報告、説明、資料作り、ファイリングに努力、工夫すること
  • ネット、メール、パソコンを勉強して楽しく有効に使うこと(office基本操作は必須です)
  • かとう主催の食事会、他士業事務所さんとの事務所交流会があります。
    差し支えがない限り、明るく参加すること
  • 事務所ルールに基づいて環境整備、整理整頓に協力すること
    (終業時にはデスク上を完全に片付ける、「クリアデスク」が原則です)
  • 普通自動車を安全に(笑)運転すること
    (運転が苦手でなければ大丈夫です。ハンドルを握ると人格が変わる、というのは困ります)
  • 心身ともに健康であり続けること
    (士業は非常にパワーが要りますが、やりがいも大きいものです。本当です)

ほんわかエピソード:これは日常の弊所職員の「人間力あふれる」行動のひとつです。

毎年弊所ではお店の予約がしやすい、ちょっと早めの11月中に忘年会を行います。この年の11月は社員旅行でグアムへ行ったので、これ以上みなさんの自由な時間を使ってしまうのはどうかしら?新年会でもいいかしら?と思い、忘年会の企画をしないまま過ごしておりました。

ある日、ある職員から「かとうさん、今年も忘年会を開催しませんか?」と話しがあり、 (あら・・・みなさん、11月は忙しかったのに、忘年会してもいいのかしら?) わたくしは慌てていつものしゃぶしゃぶのお店を予約して、忘年会をすることにいたしました。

忘年会の開始冒頭、突然職員のみなさんから「(プレゼントの花束とおしゃれな入浴剤を手渡され)かとうさん、楽しいグアム旅行をありがとうございました!みんなでサプライズとして、かとうさんにグアム旅行の御礼を伝えたい、と思いましてムリに忘年会をお願いしました!今回はかとうさんに忘年会を催促したみたいになってしまって、申し訳ございませんでした。」

←かとうが大好きなピンクでまとめてくださったのね~
「サプライズ!」このコトバを聞いて、みなさんのあたたかいお気持ちに、嬉し涙で大号泣でした(T_T) 帰宅後はキレイなお花といただいた入浴剤でまたまたほっこり。
家族である職員みなさんと、そのご家族と一緒のグアム旅行はかとうの夢でした。わたくしこそ夢を叶えてもらって、こんな素敵な職員に囲まれて、幸せですぅ❤と感じた瞬間でした。


電話でのお問合せ

平日10:00~17:00

052-901-5275

採用担当まで

メールでのお問合せ

24時間OK