代表メッセージ

 

はじめまして、代表の加藤麻紀です。

社労士開業前は、名古屋市内の制御盤製造メーカーの総務部で財務、労務に従事しておりました。

この会社さまでの最初の仕事は、「就業規則作成」だったのです。

私はその会社で、毎月の資金繰りや銀行対策、顧客先・従業員のトラブルなど、社長の悩み、苦しみに直接触れる機会に恵まれました。

「中小企業の社長は、こんなにも孤独で苦しいものなのか。」

当時、いろいろなことを考えました。

この貴重な経験がなければ、社労士として開業することはなかったかもしれません。

そのおかげで「就業規則」が私の社労士業の原点になったように感じています。

大半の労務問題は、就業規則の工夫次第で、リスクヘッジが可能です。

しかし多くの中小企業さまは限られた人員の中、全力で利益を追求しなければなりません。専任の担当者を置くにも、原資・人材・知識が同時に必要となります。

結局、社長さま自らが率先して動かない限り、「労務管理」はどうしても後回しになります。

その結果、経営にも重大な影響を与えるような、深刻な労務トラブルを招いてしまった、こんなケースが大半です。

かとう事務所は「就業規則のプロ」として、社長さまが安心して本業に専念していただけるよう、予防型リスクマネジメントを徹底し、従業員とのトラブルを最小限に抑え、大切な会社の利益を守ります。

そして就業規則をひとつの経営戦略、「利益」に直結させるビジネスツールとして有効活用していただく、お手伝いをいたします。

創業から多種多様な会社さまの労務管理に携わり、培ってきた「ノウハウ」をフルに発揮して、それぞれの会社さまの経営方針に沿った“使える”労務管理、「経営」に役立つツールを積極的に提案・サポートしています。

もし社長が労使トラブルに悩み、元気に本業で頑張れないとしたら・・・・

私は会社、従業員に幸せはないと思っています。

私はもちろんのこと、スタッフ全員が「恕」の心で、

みなさまのお悩みに寄り添いたいと思います。

(孔子の論語「衛子篇」より:恕とはいつも相手の身になってものを考える思いやり、やさしさのこと)

かとう事務所は、常に社長のお立場で仕事をさせていただきます。

「労務サービスで人が幸せになるために」をコンセプトに、このサイトを通じて、多くの会社さまと出会えることを楽しみにしています。